デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】

お金が返せなくなったら

法律書

自己破産以外の方法とは

もし、金融機関や消費者ローンなどで借りたお金が返せなくなってしまったなんてことが起こったら、すぐに思い浮かぶのは自己破産かと思いますが自己破産にはデメリットも多く、その一歩手前に個人再生という手続きがあります。個人再生とは、債権者から借りたお金を減額してもらい、さらに残った借金を3年間かけて返していって、それで債権者がそれでよいと認めてもらったら、借金が棒引きになるというシステムです。でも難しい法律知識がないととても個人で個人再生するとなると大変ですよね。そこで頼むことになるのが法律のプロである弁護士もしくは司法書士なのです。では弁護士に頼むのと司法書士に頼むのでは費用やデメリットはどう違うのでしょうか。まず、弁護士の方は、必要書類をそろえたりそのたもろもろすべての業務をやってくれますのでそこはありがたいところですが、その分費用もかさむというデメリットがあります。司法書士の方は、個人再生のための準備の書類を作成したりと部分的な業務をこなすのみですので、費用は弁護士よりもちろん安く済みますが、それ以外の業務は担当しませんのでそれ以外を個人で行わなければならないというデメリットがあります。費用は弁護士に頼んだ場合はだいたい40万円から60万円ほどですが、司法書士に頼んだ場合は30万円から40万円あたりが相場だと言われます。どちらに頼むかは、自分で決めなければなりませんが、煩雑な作業が面倒で嫌だという場合は弁護士のほうが費用は掛かりますが良いでしょう。

Copyright© 2018 デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】 All Rights Reserved.