デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】

安易に行うべきではない

ジャッジガベル

覚悟を持って行う

債務整理の中で、もっとも手続きが複雑なのが個人再生です。個人再生は自己破産するほどではない人が行える債務整理で、裁判所に申し立てて再生計画を作り、それが認可されることで原則として債務の5分の1以上が減額され、残った債務を3年から5年をかけて支払うというものです。特徴としてはローンの残っている住宅を別扱いにすることができるということで、住宅を手放さずに済む場合があります。また保証人になっていない限り周囲に与える影響もありません。このようにメリットが多そうな個人再生ですがデメリットも多いものです。デメリットとしては借金がゼロになるわけではなく、金額によっては残るということです。債務額が5分の1以下になるとはいっても返済の負担は大きいもので、支払いきれなかった場合には、結局、自己破産することになります。またローンの残った住宅がある場合にはそのローンは当初の計画通りに返済することが求められますが、個人再生をしてしまうといわゆるブラックリストに載るため金利を節約するための借り換えをすることができなくなるデメリットもあります。それと最大のデメリットが費用の問題です。再生計画を作るためには専門の知識を持った司法書士や弁護士に依頼するかアドバイスを受けなければなりません。これらに支払う費用も相当なもので、30万円から60万円は必要です。それに利用できるのは将来も定期的な収入が見込め借金が5000万円以下であるといった条件を満たす必要があります。

Copyright© 2018 デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】 All Rights Reserved.