デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】

経済的再生が図れる

天秤

ブラック情報が登録

このまま借金を返済し続けても利息だけ支払うのが精一杯で一向に残高が減っていかない、このままだと借金額が収入を上回る結果となってしまうので、どうしたらいいかお悩みの方は弁護士に相談をすることです。債務整理で借金問題を解決することができます。一般的に債務整理は、任意整理を選択される方が多いのですが、過払い金を調査したらあまり発生していない、そうなると減額効果は薄く、将来金利カットしても借金額が大きいので収入状況を鑑みても原則5年での完済は難しい場合は、個人再生を検討することができます。個人再生は、過払い金が発生していなくても借金減額ができる手続きです。抱えている借金額によって最低返済金額が決まっており、その基準の金額さえ返済すれば残りの債務は免除になる手続きです。減額できる金額の大きさは、個人再生の方が大きいのですがデメリットもあります。個人再生に限らず債務整理をすると新たな借り入れが困難になることです。信用情報に事故情報が登録される、いわゆるブラックリストになるので5年間〜7年間はローンが組めないデメリットがあります。他のデメリットとしては、官報に氏名と住所が掲載される、手続きが非常に複雑で時間がかかるデメリットがあります。官報に掲載されるといっても一般の人が目にするようなものではないので気にしなくていいのですが、手続きに関しては複雑で準備する書類も多いので、専門家の力を借りるのが一番です。

Copyright© 2018 デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】 All Rights Reserved.