デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】

経済的再生が図れる

天秤

任意整理よりも減額効果が大きく、過払い金がなくても減額できるのが個人再生です。ただ、デメリットもあり個人再生に限らず債務整理をすると新たな借入れが困難になります。手続きも複雑で書類の準備も多いので、専門家の力を借りることです。

詳しく見る

安易に行うべきではない

ジャッジガベル

個人再生は債務整理の手段のひとつです。個人再生と異なり住宅ローンを別扱いにできるなどのメリットがありますが、利用するためには条件を満たしていることや再生計画案を作成して認められなければならないといった手続きに関するプロセスにデメリットがあります。

詳しく見る

手続きが難しい

弁護士

個人再生は債務整理の方法の一つですが、デメリットとしては手続きが煩雑になるところかもしれません。時間やお金も他の方法に比べるとかかりやすいです。専門家であれば、ややこしい手続きなどもスムーズにこなしてくれます。

詳しく見る

お金が返せなくなったら

法律書

個人再生の手続きを弁護士に任せるか司法書士に任せるかは人それぞれでしょう。一概にどちらが良いとは言えませんし、どちらにもデメリットはあります。きちんとネット等でリサーチをしてから望む方がよいでしょう。

詳しく見る

事故情報が登録される

裁判所

個人再生で債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録される、官報に掲載されるデメリットがあります。これらのデメリットを回避するためには過払い金請求です。多額の過払い金が発生していれば残債をゼロにできることもあります。

詳しく見る

借金の大幅減額に

男性

財産を残して借金の減額を

借金に困った時に利用すると便利なのが債務整理です。債務整理と言われると聞き慣れない人もいるかもしれませんが、自己破産と言われれば知っている人も多いでしょう。全ての財産を処分しなければならないというデメリットはあるものの、自己破産は借金を帳消しに出来るとても便利な制度です。しかし、自己破産は住宅や自動車といった財産も処分しなければならないので気軽に利用することは出来ません。そこで利用すると便利なのが個人再生です。個人再生は債務整理の一つであり、利用することで借金を大幅に減額することが出来ます。裁判所を通じて借金を大幅に減額出来る制度であり、原則として債務が5分の1まで減額されます。残りの借金は3〜5年で返済することになるため、借金の取り立てに困っているという人にとってはとてもありがたい制度です。また、自己破産とは違って住宅や自動車を処分しなくても良いのでより気軽に利用することが出来ます。また、自己破産の場合には特定の条件で借金が免除されないという人もいますが、そういった人でも個人再生は利用出来るというメリットもあります。しかし、これだけメリットがあると逆にどんなデメリットがあるのか気になってしまうという人もいるでしょう。個人再生には全くデメリットが無いというわけではありませんが、そのデメリットを理解していればそれ以上にメリットがあるためとても便利な制度となっています。また、デメリットとしては手続きに時間がかかることが多いので個人再生を行う場合には早めに弁護士や司法書士に依頼することが大切です。

Copyright© 2018 デメリットを考慮しても個人再生はすべき【とても便利な制度】 All Rights Reserved.